「車を綺麗に保つ、最も優れた手段

​#プロテクションフィルム

車は走行するにあたり、飛び石、虫、鳥糞、ひっかき傷など様々な
「傷」の危険に常にさらされています。

プロテクションフィルムは車の塗装面、ガラス面を

保護する特殊な保護フィルムです。

​お客様のご希望に合わせて、各社フィルムをご用意しております。

S__4022313.jpg
riga-latvia-sep-24-2021-audi-e-tron-gt-electric-supercar-premiere-at-a-motor-show-full-led
stek.png
SectorOneSTEK施工店です。

STEKのナノガラストップコートは
かなりの撥水性があり
施工後のワックスやコーテイングを
しなくても問題ございません。

プロテクションのメリット

Benefits | protection
1.png

​お手入れが楽

汚れがボディに
つきにくくなるため
洗車やお手入れの回数が
​減ります。

洗車キズの防止にも
​なります。



 

2.png

​傷、汚れ防止

走行中の飛び石から
乗り降りの際のこすり傷、
荷物の積み下ろしで
発生する傷など様々な傷から
ボディ面を
守れます。

サーキット走行をされる方にも
​おすすめです。


 

3.png

​車検対策

フロントガラスに
傷やヒビ、割れがあると
車検に通りません。

ガラス交換の費用は
約10万円~となり、
修理費用を考えると
プロテクションが
断然お得です。

 

4.png

​売値が向上

プロテクションは
大切なお車の塗装面を
新車同様に保つ事ができます。
お車を綺麗に保つことが
できるため、必然と売却の際の査定も上がります。

そのため、どの車にも
プロテクションは
必須と言われています。

​フロントガラス

・飛び石被害の最も多い箇所を
​カバー。サーキットユーザーにも。

 

フロントガラスに傷やヒビ、割れがあると
車検に通らず、視認性にも問題が発生します。

プロテクションフィルムを
フロントガラスに貼ることで
飛び石、傷、ヒビ、割れを
未然に防ぐことができます。

スピードが特に出るサーキットに
行かれるユーザーにも
非常におすすめです。

S__4022311.jpg

フロントフルラッピング

・傷のつきやすい部分を
​徹底的にカバーする人気のプラン。

フロントフルラッピングは
特に傷のつきやすいフロントバンパー、
ボンネットを始めとした
フロント回りをフルラッピングする
プランです。

費用もある程度抑えられ、
特に傷のつきやすい部分をカバーできるため
​人気のプランです。

S__4128823.jpg

フルプロテクション

・ボディ面全ての箇所をカバー
思わぬ箇所への傷にも対応。

フロント回りの傷がつきやすい部分はもちろん、
乗り降りの際に傷が付きやすいドア部分や、
荷物の積み下ろしの際に傷がつきやすい
リア回りなど、ボディ面の全てを
プロテクションでカバーすることができます。

車を走らせていると思わぬ箇所へ
傷がつく可能性があるため、
ボディへの傷を確実にガードしたい方に
おすすめしています。

S__4022316.jpg